ワニだかニワトリだかが書いてるブログ

人生の夏休みの終盤に差し掛かった男子大学生のブログです。➡️社会人になったばすけっとぼーるまんのブログ

シャチホコ

 

 

 

 

f:id:fsb_jo137:20180925215414j:image

名古屋に来て、やっぱご当地アイドル知っとかんばやろ!

て意気込んで「チームしゃちほこ」を見始めた。

 

 

 

アイドルと言えば、高校から大好きだったももクロもとうとう4人になっちまったな。

f:id:fsb_jo137:20180925221218j:image

 

 

モモノフの俺にとって有安杏果の引退は結構衝撃やったけど、

アイドルは特に栄枯盛衰が激しいからな。

 

 

 

 

売れっ子でいるうちが華だよね。

 

 

 

そんなこんなで3年くらい熱が冷めかけてたももクロもチームしゃちほこのお陰で熱が戻ってきた。

 

 

 

それにしても3年も経つとめちゃくちゃみんな綺麗になってるわ。

 

特にあーりんの色気がやばい。うん。

 

 

 

ピチピチ感より色気が出てきた。

俺がももクロ全盛期だった時、YouTubeでコール覚えてカラオケで叫びまくって歌を歌わずに終わってたな。

f:id:fsb_jo137:20180925221233j:image

 

特に、行くぜっ!怪盗少女 での間奏で、

あーりんのコールを死ぬ気で叫んでた。

 

あ、先々週会社の二次会でやっちまったんやった。

あの時の空気凍った感じは一生忘れられんな🤩

 

 

 

 

 

まぁそんなこんなで、何が言いたいかって言うと、

3年以上振りに聴いた曲とか特にやけど、

当時聴いてどう思ってたかと、

今聴いてどう思ったかっていうGAPがめちゃくちゃあって自分でも驚きを隠せなかった。

 

 

 

歌って、1つの作品には違いないけど、

生モノだし人の生き方を表すよね。

 

それはリスナーにも同じことで、

聴いてる人それぞれの人生をその1つ1つの歌にフレームインさせるから「ハマる」っていう言葉もあると思う。

 

 

 

自分がある生き方を知って、それに共感にも似たなにかを感じる。

だからアーティストよりもまず歌そのものに魅力を感じる。

 

 

 

そして、だからこそ人の人生が右往左往する中で、

その1つの歌にもハマり方が違う。

 

 

昔は単純にカッコいいから好き、

可愛いから、聴きやすい歌詞メロディーだからってあったかもしれない。

 

 

 

でも今はより具体的に、現実味を帯びてその作品1つに感情移入出来る。

 

 

 

これは歌に限らないと思う。

 

 

デザイナーの作品や詩人、棋士や学者、

アスリートの生き様全てにこれが溢れてくる。

 

ただ、本気でやってる人だけに限るけどね。

 

 

 

本気でやってねぇ人の感情なんてこれっぽっちも感じないよ。

 

 

 

俺みたいに下手くそでも、ただ好きでバスケやってりゃ、

その1つ1つの行動を賞賛したりそんなんやっても意味ねぇとか言う奴もいる。

 

 

 

感じ方は人それぞれだけど、

やっぱそこまで全力でやって後悔なくやりたいよね。

いつまでも。

動けるうちに動くのは当たり前。

だから俺はもっとやるよ。

 

 

 

そして最後に大好きな

れにちゃんと杏果の紫緑コンビで締めます。

f:id:fsb_jo137:20180925221151j:image

 

 

 

 

 

please subscribe...