ワニだかニワトリだかが書いてるブログ

人生の夏休みの終盤に差し掛かった男子大学生のブログです。➡️社会人になったばすけっとぼーるまんのブログ

AIの可能性

 

 

 


身体を鍛えてるせいか、顔は全然似てないのに、雰囲気だけで「しみけん」に似てるねってよく言われます。
まぁ確かに憧れてはいるけど、その業界には興味はありません。笑

 

しみけん知らない人はチェックしてみて👍
女の子はチェックしないでね👍

 

そんな抹茶ティーラテの貴公子、JPです。

 

 

 

偶々読んだNHKの記事で、こんな「AI(人工知能)」を見つけた。


f:id:fsb_jo137:20171222133212j:image
これ、パナソニックが開発中の「子育てロボット」で、子どもの言葉を認識して会話できるんだってさ。

 

これについて、人間の負担を軽減してくれるって意味では効率的なモノかも知れんけど、仕事とか子育てってそれだけじゃないと思う。

 

 

 


とは言え、AIってマジですげーなって改めて思う部分も多い。

 

 


去年ゼミで、「マッチング理論を応用した新たなゼミ選考制度の構築」っていう題で論文を書いたんよね。

 

最初は、「待機児童の保育施設への振り分け」をやろうと思ったけど、中々前に進まなかったっていうのもあって方向変換したんだー。

 

 


例として、さいたま市では毎年入所を希望する子どもたちが8,000人近く。入所できる子どもと、300を超える保育施設への割り振りを決めるらしい。

 

この作業が30人の職員で50時間かけて行うとても手間のかかる作業らしい。

 

同じ作業をAIが行うと、なんと、、
わずか数秒で終了したんだって。

f:id:fsb_jo137:20171222133258j:image

そりゃ誰だってこう思うでしょ、、

 

 


他にも自治体の職員もAIが行うのではという意見も出てる。

まぁこれについての良し悪しは俺で判断できないけど、作業レベルならAIでもいいんじゃないかなーとか思う事も増えてきた。

 

しかも、有効求人倍率を見ても人手不足が明らかになっている(らしい)中で、
如何に人手を割かずに労働力を確保するかというのも企業の課題にもなってる昨今では、活用事例はより多く出てくるんやないかな。

 

 

 

かのメガバンク3行でも、約3万3000人分の業務量を減らす事を検討しているという。

 

作業の緻密さや正確さを問われる銀行業務ならこの選択はむしろ必然とも言えるだろうね。

 

 

そうすれば着服や横領なんて事件も減るしね。笑

 

 

 

これから働き方が変わってくる中で、AIを上手く活用出来れば、新しいビジネスチャンスだって出てくると思う。

 

今後の開発にも注目したいところやね。

 

 

さて、それではこれで✋

(参考文献:https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/?utm_int=all_header_menu_tokushu-business)

 

 

please subscribe...