ワニだかニワトリだかが書いてるブログ

人生の夏休みの終盤に差し掛かった男子大学生のブログです。

営業の極意?!

 

 

 

バイトの後輩で、太ももや胸や尻の筋肉を触りたがる奴がいるんだけど、

もう痴漢だけじゃなくセクハラされる女の子の気持ちもわかったから、僕は女子なのかもしれません。

マフラー着けて首だけ汗だく、JPです。

 

 

 

 

 

サンドウィッチマンって面白いよねー。

f:id:fsb_jo137:20171220215921j:image

 

俺の家泊まり来た事ある人ならほとんどの人が分かるかもしれんけど、

毎晩漫才聴かないと(もはや観ない)眠れないくらい漫才好きなんだよね😂

 

その中でサンドウィッチマンはやっぱりM-1優勝経験あるだけに、貫禄も全然違う!

 

 

 

 

そんなホットサンドマンの漫才について、昨日たまたま「漫才先生」って番組に取り上げられてた。

 

取り上げられてたって言うか、サンドウィッチマンのネタからビジネスを学べる!ってコンセプトのプログラムやったんやけど。

f:id:fsb_jo137:20171220221829j:image

 

 

台本に起こせばわかるんだけど、サンドウィッチマンが観てる人をネタの中に引き込むのには、最初の1分以内が勝負なんだって。

 

 

まぁ厳密に言えば「開始1分以内に本題に入れ!」って話だったけど。

 

 

とにかくビジネスの場合、そこで掴めば大抵のお客さんは話を聞いてくれるんよね。

 

自分がしているバイトの話に置き換えても、これ凄く使えるなって思った!

 

 

冒頭の話をいかに「簡潔に」「分かり易く」伝えるかで、ほんとにお客さんが2分するんよね😥

 

 

 

 

あとは、1つの台詞(商品)を大切にしろって言う部分。

 

商品のセールスの場合、自分が自信持って紹介しなきゃ誰も買わないっしょ?

 

それと同じで、2人は、たった1つの台詞にもひたすらこだわって、「焼きたてのメロンパン」か「クリームパン」かで1週間とか考えるんだってさ。笑

 

 

彼らの漫才で一番の決め台詞は、

富澤の「ちょっと何言ってるか分からない」ってやつ。

みんな見たことあれば一度は聞いてるはず。笑

 

 

 

面白いネタの裏には、こんなに人を惹きつけるような台詞や漫才構成が組まれてたのがわかった!

 

 

 

他にも番組内で、相手から沢山のYESの反応を貰う事で自分の商談を有利に進めていく、

「YESセット話法」ってのも紹介してた!

 

 

来年から社会人になれば、営業ばっかだろうから、俺も独自の営業トークとか作れるようにならんばな〜って思わされた。

 

 

 

それでは、2日連続workoutして、ちょっとお疲れモードなバイト5連勤目の夜でした🙌

 

 

 

please subscribe...